女性に適した痩せ方とは?

女性と男性では、身体につきやすい脂肪のタイプが異なります。女性の場合は、皮膚の下に蓄えられる皮下脂肪がつきやすく、男性の場合は、内臓の周りにたまる内臓脂肪がつきやすいとされています。この2タイプの脂肪は違いがあり、内臓脂肪のほうが皮下脂肪よりも落ちやすい傾向にあります。同じ筋トレをしているのに、「彼はすぐにお腹周りが痩せたのに、私には効果が表れない」といった現象が起こるのはこのためです。

さらに、脂肪がつきやすいパーツにも男女差があります。一般的に、男性はお腹などの体幹部に脂肪がつきやすく、女性は脚を中心とした下半身に脂肪がつきやすいといわれています。いわゆる「下半身太り」に悩む女性が多いのもこのためです。

 それに加えて女性の場合、加齢にともなって体幹部の体脂肪率が大きく上がることも知られています。「少し前まで細いウエストが自慢だったのに、最近どうもお腹周りが気になる」と、悩む女性は少なくありません。

女性と男性では、ホルモンバランスも大きく異なります。

 ホルモンとは、身体を正常に機能させるために分泌される成分のことです。女性ホルモン、男性ホルモンなど100種類以上のホルモンが、私たちの身体でさまざまな働きをしているといわれています。女性ホルモンと男性ホルモンは男女共に分泌されていますが、女性の身体では女性ホルモンが、男性の身体では男性ホルモンがより多く分泌されています。

 女性ホルモンであるエストロゲンには、脂肪を蓄えて丸みのある身体を作る機能があります。脂肪を蓄えるとなると「美容の敵」と思いがちですが、決してそうではありません。肌や髪を美しく保つ機能や内臓脂肪を蓄えないようにする機能、骨を丈夫にする機能、動脈硬化を防ぐ機能など美容・健康にとってうれしい機能を持っています。

 そして、このエストロゲンの分泌量は、生理周期や年齢とともに変わっていくということを覚えておきましょう。女性のダイエットにおいて大切なのは、こうしたホルモンの働きを理解し、変化と上手につき合うことが大切です。

無料体験承っております!

「代々木上原体験」click👆

「東中野体験」click👆

そのほかお役立ち情報など
ブログに掲載しています

ブログはこちら