ケガについて

長い人生の中でケガをしてしまうことは、きっと誰しもがあります。

ただ、ケガをする機会をなるべく減らすことは可能です。

ケガには大きく分けて2つあります。
一つ目は、何かに接触した場合などの不可抗力によるケガ。
もう一つは、自分で無理な動きをした事によるケガ。

一つ目のケースは防ぐのが難しいかもしれませんが、二つ目のケースは自分次第で防ぐことができる場合が多いです。

まずは体の構造を知り、次に自分で自分の動きをコントロールすること。

これが可能になれば、自分の体の可動域や柔軟性上、「可能な動き」と「不可能な動き」が感覚でわかるようになります。

そうすると、多くのケガを防ぐことができます。

歳をとってから骨を折ってしまうと、その後寝たきりになってしまう。というのもよく聞く話。

人生100年時代。
せっかくなら、できる限り健康な体で長く人生を楽しみませんか?