ダイエットと食事時間の関係

実は、時間帯によっては、太りやすい時間と太りにくい時間があるのです。

つまり、太りやすい時間の食事を控え、太りにくい時間にしっかりと食事をとるようにすればダイエット効果が期待できるということなのですよ。

太りやすい時間と太りにくい時間に関わってくるのが、『BMAL1(ビーマルワン)』というたんぱく質です。

このたんぱく質は、身体に脂肪をつきやすくするという特徴があり、時間帯によって増える時間帯、減る時間帯があるのです。

よって、『BMAL1(ビーマルワン)』が減る時間帯こそが、太りにくい時間になります。

『BMAL1(ビーマルワン)』が最も増える太りやすい時間は、

22時〜翌朝2時

です。

夜中に食べたら太ると言われるのは、これが原因だったのですね。

反対に『BMAL1(ビーマルワン)』が最も少なくなる太りにくい時間は、

14時〜16時ごろ

となります。

午後3時(15時)のおやつは、太りにくい時間帯に設定されていたのですね。

ダイエットと食事時間の関係をしっかりと知っておけば、自然と『ダラダラ食べ』がなくなりますね。

また、太りやすい時間帯の食事を避け、太りにくい時間帯には、ダイエットに適した間食をとることで、肉体的にも精神的にもストレスを軽減できます。

日々の食事時間を意識して、自身のライフスタイルに合ったダイエットに効果のある食事時間を見つけてみてくださいね。

無料体験承っております!

「代々木上原体験」click👆

「東中野体験」click👆

そのほかお役立ち情報など
ブログに掲載しています