ダイエット中の夜ご飯抜きは痩せる?

摂取カロリーを抑えるために、ダイエット中は夜ご飯を抜きたいと考える人もいるかもしれません。確かに、夜ご飯を抜くと1日の総摂取カロリー量が減るため、一時的に体重は減少するかもしれません。

しかし、同時に必要な栄養素も摂取できなくなるため、ダイエットに必要な栄養素が不足してしまうという懸念もあります。

体内の栄養素が不足すると、一時的に体重が減ったとしても、便秘になりやすくなったり、筋肉が落ちて基礎代謝量が落ちたりするため、痩せにくい体をつくってしまいます。

また、夜ご飯抜きをやめた途端にリバウンドして、ダイエットを始める前よりも太ってしまったというケースも珍しくありません。

ダイエット中に夜ご飯を抜くのはおすすめできませんが、好きなだけ食べたり飲んだりして良いわけではありません。

食べる量だけではなく、ダイエット中の夜ご飯では、時間帯やメニューなど気を付けたいポイントがいくつかあります。

人間の体は22時以降、脂肪の合成を促進するタンパク質の一種「BMAL1(ビーマルワン)」の分泌量がピークを迎えます。

ビーマルワンの分泌中に食事を取ると脂肪がつきやすくなるため、ダイエット中の夜ご飯は20〜21時までに食べるのが理想的です。

また、昼食から夕食までの時間が長く空いてしまうと、当然ながらお腹が空きます。

空腹の状態で夜ご飯を食べると血糖値が急上昇しやすく、血糖の吸収を促す働きがあるインスリンが過剰に分泌され、体脂肪としてため込みやすくなります。その結果、太りやすくなってしまうのです。

ダイエット中の夜ご飯は、できるだけ早い時間に食べるようにしましょう。

20〜21時までに夜ご飯を食べ終えたとしても、その後すぐに寝るのは良くありません。

寝る直前にご飯を食べると消化運動のために睡眠が阻害されてしまい、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めてしまったりなど、睡眠の質が下がる場合があります。

また、睡眠不足は食欲をコントロールするホルモンの分泌に影響するため、睡眠が短いと肥満になりやすいと言われています。

睡眠不足はダイエットの大敵、かつ翌朝の胃もたれや朝食抜きの原因となるので、夜ご飯は就寝の3時間前までに食べるようにしましょう。

無料体験承っております!

「代々木上原体験」click👆

「東中野体験」click👆

そのほかお役立ち情報など
ブログに掲載しています

ブログはこちら筋肉を倍増さ