筋トレ前後にすると良いこと悪いこと!!

皆さんこんにちは!

今回は筋トレ前後にすると良いこと悪いことについてお話していきます!

空腹時のトレーニングは避ける

空腹時は血糖値が下がっているので、あまり力が出ません。 筋肉トレーニングを続けると、さらに低血糖となり、体調が悪くなってしまいます。 空腹時には糖質を補給して、しばらく経ってから行うようにします。

食後のトレーニングも避ける

食後は胃などの消化器で血液が必要となります。 食後にトレーニングをすると血液が筋肉へ流れて消化器で不足するので、無理をすると消化不良を起こしたりします。 食後1時間くらいはトレーニングをしないほうがよいです。

筋トレ前にクエン酸

トレーニング前に梅干しやレモン・グレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれるクエン酸を摂取しておくと、筋肉中での乳酸(疲労物質)が生成されるのをある程度防いでくれますので、 筋肉トレーニングを長く行うことができます。また疲労の回復などにもかかわっています。

目標をリストアップする

筋力アップとか健康になるといった漠然としたものではなく、懸垂が10回できるようになるとか、体脂肪率を5%減らし筋肉を5kg増やすなど できるだけ数値で表すことができるように目標を立てることが、良いトレーニングにつながります。

以上筋トレ前に行うと良いこと悪いことでした!

皆さんも是非筋トレ前後試してみてください!!

BE BURNING GYM代々木上原では随時無料体験も承っております!是非遊びに来てください!!