効果的な筋トレの順番とは?

筋トレは鍛えたい部位だけをただがむしゃらトレーニングすればいいと言うわけではありません。効果的な順番を理解してトレーニングすれば、効率よく筋力アップを目指せます。

大きな筋肉から鍛えると効率が良い

大きな筋肉のトレーニングにはたくさんのエネルギーが必要です。もし最初に小さな筋肉のトレーニングから始めると、大きな筋肉を鍛えたい後半では体力が残っていないということになりかねません。疲弊した状態でのトレーニングは集中力も散漫になり、狙った筋肉へ負荷がかけづらくなります。

また大きな筋肉を動かすトレーニングは「多関節運動」といって、複数の関節が同時に動く特徴があります。必然的に周りにある小さな筋肉も一緒に動くので効率良くトレーニングできるのです。

筋肉の大きさランキング

1位.大腿四頭筋

大腿直筋、中間広筋、外族広筋、内側広筋の4つから構成されている人間の体の中で一番大きな筋肉です

2位.大臀筋

臀部のなかで最も大きく表面にある筋肉です。

太ももの筋肉を支え、踏み込んだり足を後ろに蹴り出すときに使われます

3位.ハムストリングス

太ももの裏側にある縦長の大きな筋肉です。

ハムストリングスが硬くなったり弱くなったりすると骨盤が後ろに倒れ、姿勢が悪く猫背になってしまいます。

今年こそは体を変えたいと思っている方!

ビーバーニングジムでは様々なトレーニングプログラムで目的別に個々にあったトレーニングで鍛えることが出来います!

現在無料体験も実施していますので気になる方は是非一度足をお運びください!