果物は肥満の手助けではなく、適切に食べればまったく問題ありません!

ネットには、「ダイエット中に果物を食べない方が良い、糖分が含まれているから」といった発言がよく見られます。あるいは「果物はすべて果糖で、非常に不健康です」と大げさに言うこともあります。

今日は、果物の糖分は他の種類糖分とは異なり、無闇に心配する必要はないことについて説明します! さらに、ダイエット中に自制心を保てない場合、果物をスナックの代わりに使用することをおすすめします。

  1. 果物は通常、栄養密度が高く、つまり栄養価が高く、種類が豊富です。
  2. 果物中の食物繊維は満腹感を高め、空腹感を低減させることができます。
  3. 果物中の果糖は、「糖」であるものの、吸収速度が比較的遅く、急速な血糖上昇を引き起こすことはほとんどありません。加工された砂糖のように脂肪蓄積を迅速に促進することも難しいです。

では、果物を太らないように食べるにはどうすればよいでしょうか?

果物は肥満の手助けではなく、適切に食べればまったく問題ありません!

  1. 果物中の果糖含有量に過度に気にする必要はありませんが、総糖分には注意が必要です。総糖分が比較的低い果物を選ぶことが重要です。例えば、ブルーベリーやブラックベリーなどがあります。一般的なベリー類は、ビタミン以外にも、特定の栄養素であるシアノカリン-3-グルコシドなどを含んでおり、インスリン感受性を高めるのに役立ちます。
  2. 新鮮なさまざまな種類の果物を食べることが重要です。乾燥フルーツでは水分が含まれていないため、新鮮な果物ほど満腹感が得られず、大量に食べてしまいがちです。また、多くの栄養素はドライフルーツになる過程で失われてしまうため、「糖分だけの摂取」と言えることもあります。
  3. 果汁には過度に飲まないようにしましょう。果物をジュースにすると、満腹感が低下し、一部の栄養素が破壊される可能性があります。
  4. 単一種類の果物を食べすぎないようにしましょう。例えば、「イチゴが美味しいから」と言って1キロ食べてしまうことは、単一の栄養素を摂りすぎる可能性があります。

以上が、果物を最小限に抑え、肥満に影響を与えないように食べるためのアドバイスです。


BE BURNING GYM
代々木上原店

BE BURNING GYM代々木上原店は
小田急線・千代田線沿いに
ひっそりとたたずむパーソナルジムです。

「定額制で通いやすい料金設定」

初回体験「無料」

一度ご体験いただければ他のジムには戻れません

こんなお悩みはありませんか?

「料金が高くて続けられない」
「チケットが消費できなかった」
「痩せたけどリバウンドしてしまった」

こんなお悩みをお持ちの方は

BE BURNING GYMへお越しください


BE BURNING GYM 定額制 サブスク 通い放題  代々木上原 代々木上原駅 代々木八幡 代々木八幡駅 東北沢 東北沢駅 落合駅 東中野駅 東中野 中野区 渋谷区 パーソナルジム パーソナルトレーニングジム シェイプアップ